【B777-300ER】追加料金不要でビジネスクラスに乗ってみた!(伊丹ー成田便)

Choku’s Roomへお越しくださいましてありがとうございます!

今回は伊丹ー成田便の搭乗レビューです。

普通の搭乗レビューじゃない?って思われる方もいるかと思いますが、この便は一味違うんです(笑)

 

そして、この7:50の便じゃないとダメなんです!(この機材の折り返しの成田ー伊丹でも大丈夫そうですが)

最初は特に気にせず予約していたのですが、座席指定をするときにわかりました。

この便は特別であることを…

何か分かりますでしょうか?上の部分の席配置が変な感じになっていませんか?

通常、国内線のB777-300だと以下のような席配置となります。

先ほどの座席選択画面と比較してみても全然違いますよね?

今回の機材はこちらです!

厳密には、B777-300ではなく、B777-300ERですね。

通常は国際線で使用される機材ですが、この伊丹ー成田便(逆も然り)に関しては国際線機材で運行されています。

また、そこで、じゃあビジネスクラスやプレミアムエコノミーのシートは誰が使えるの?って話です。

答えはなんと、エコノミークラス予約者が使えます!!

えぇー!ってなりません?笑

なので、早い者勝ちですが、エコノミークラス運賃でビジネスクラスに乗れます!

 

今回、私は直前まで空きがなくてプレミアムエコノミー席を押さえていましたが、直前でビジネスクラス席が空いていたので押さえました!

ちなみに、プレミアムクラスを予約した人はどうなるの?って話ですが、答えはもうお分かりですかね?

ファーストクラスの席になります!!!!

完全個室になるこの席です。

たった1万円ほど追加すれば、ファーストクラスのシートに座ることができます。うん、すごい。

ニューヨークとか行くのにファーストクラスだと軽く100万円はいきますからね…

 

でも、追加料金なしで、ビジネスクラス乗れるのって凄くないですか?ってことで、ビジネスクラスに乗ってみました。

 

うん、ANAのビジネスクラスだ!スタッガードシートです!なので、ビジネスクラスでも半個室くらいにはなります。

私は以前、インドムンバイから成田に帰る時にANAのビジネスクラスを利用しました。あの時も本当快適でびっくりしましたけど、また乗れる時が来るとは…笑

(参照:【ANA B787】ムンバイ−成田便のビジネスクラスに乗ってみた!

それではシートを見ていきましょう!

 

 

こんな感じです!足を振る伸ばしてもまだまだ余るほどの余裕感です。

そして、座席横のリモコン類です。

当たり前ですが、これらのリモコンも正しく動きます(笑)

なので、フルフラットシートにすることもできます!まぁ、伊丹から成田なんて1時間くらいですから、フルフラットにはしないですけどね(笑)

 

座席ガイドが入っていました!正真正銘、ビジネスクラスです。

そして、前面のモニターももちろん使えます!

いつも私は海外行く時はスカイマップを出しているので、今回も使えるのかな?と思ったら見れました!

 

ちなみにエンターテイメント系は、

一応、上映していました!まぁ、海外便ほど充実していなくて、2作品だけ映画はありました。1時間しかないのでそもそも見ないですけどね。

そして、唯一使えないものがありました。

それはWiFiサービスです。インターネット上では使えるマークになっていましたが、CAさんの機内アナウンスではWiFiは使えないとのことでした。

国際線機材だと何か違うんですかね?

 

ドリンクサービスはいつも通り提供されました!そりゃそうか。

 

ということで、まとめ!

今回は伊丹から成田便で国際線機材運行の飛行機に乗ってみました!多分、このことを知らないで乗っている方も多くいらっしゃると思います。ビジネスクラスシートをエコノミー運賃で乗れるのはかなりラッキーですよね♪

国際線機材になるかはその時期によって変わってしまうようです✈️

ここ数日は、伊丹ー成田便(逆もしかり)は間違いなくこの機材でした!

また、中部ー成田便にも国際線機材が入る日もあるみたいですね!

この区間を乗られる際に参考にしてください!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました