【長野】外国人に人気の地獄谷へ行ってみた!【猿が温泉に入る!?】

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

Choku’s Roomへお越し下さいましてありがとうございます!

【長野】外国人に人気の地獄谷へ行ってみた!【猿が温泉に入る!?】

地獄谷について

今回は長野で外国人に有名な地獄谷へ行ってみた話です!

まず地獄谷ってどこ?って話ですが、以下のところです。

右側の赤いマークがあるところが地獄谷で有名な観光スポットです!

どうやって行くの?

行き方としては、JR長野駅から長野電鉄に乗り換え、終点の湯田中で降り、バスで行くような場所です!

結構遠いんですよね(汗)

そもそも長野駅から湯田中駅までも結構遠くて、大体、特急を使ってしまいます。

今回は、以下の特急を使いました!

これは、昔のロマンスカーでしたっけ?長野電鉄では、小田急線で使っていたロマンスカーとか、

JRで成田エクスプレスとして走っていた車両を短くして、長野電鉄の特急として走っています!

また、長野電鉄の特急の良いところは料金ですね!

長野から湯田中まで乗っても特急料金はなんと100円!!うん、安すぎです。

そりゃ乗りますよねー!

こんなまったりとした風景を見ながら

そんなこんなで湯田中に着き、そこからはバス移動です。

あと、湯田中まで1日で往復される方は、「長電フリー乗車券」をオススメします!

長電フリー乗車券 1日券 1,890円

通常 長野から湯田中駅までは往復で2,320円掛かります。

なので、単純に往復するだけでも430円もお得です!

かつ、長電内は乗り降り自由となりますし、特急券(100円)を買えば、特急も乗ることが可能!!

地獄谷はこんなところ

そして、いよいよメインの地獄谷へ到着。

地獄谷で有名なのは、猿がお風呂に浸かっているシーン!!

それを楽しみに山道を歩きます。

 

一見、人がいないように見えますが、実際は外国人だらけで、

特に中国の人が大量にお越しになっていました。

そんなこんなで、25分歩きました。

すると、視界が晴れ、少し眺めがよくなってきました。

そして、地獄谷の入り口の建物が見えてきまして、入場料800円を払いました。

中に入ると早速、お猿さんが大量にいらっしゃいました。

それで、また通路にもお猿さんがって言って写真を取ろうとしたら、お猿さんが襲ってきました(怖)

迫力満点に撮れてしまいました。お猿は近すぎると、襲ってくるそうなので皆さんも注意してください。

そして、ようやく有名なお猿さんが入るという温泉へ。

お猿さんは思いの外、温泉に入らない!

よくある写真のようにお猿さん達はお風呂に入ってるかな?と思ったら、全くそんなことはなく…

一匹も入っていませんでした(泣)これを目的にきている外国の方達も軒並みガッカリしていました。

それでお猿さんがお風呂に近寄ろうものなら皆さん、カメラを構えます(笑)

だが、しかし…

上の写真のようにお風呂に入ると見せかけ、お湯を飲むだけというね。

焦らしすぎでしょ!って突っ込みたくなる。

諦めて帰ろうかと思ったその時!!!

別のお猿さんがようやく入ってくれましたー!!!

これを待ってたんですよ!!いやー長かった。

なので、もし皆さま地獄谷にお猿さんが温泉入る光景を見に行く予定の方は注意してください。

お猿さんはすぐにはお風呂に入りません、何なら入っている時間の方が少ない!

帰りは小布施もオススメ!

そんなこんなで地獄谷を後にし、湯田中から長野電鉄に乗り、小布施駅まで移動しました。

小布施は栗が大変有名で、今回もお茶をしに寄りました!

秋がシーズンの小布施なので、冬は流石に寂しい感じでした。

今回は空いているお店で、栗ぜんざいをいただきまったりして帰りましたー。

まとめ

初めて地獄谷へ行きましたけど、お猿さんが中々お風呂に浸かってくれず思いの外、残念でした。

あと本当に日本人が全然いない!今回もすれ違ったのかもわからないくらいでした。

また、地獄谷へ行かれる方へオススメですが、お猿さんの温泉も良いですけど、

自分たちも温泉に浸かりたいと思います!

手軽に浸かれるのは、湯田中駅真横にある日帰り温泉です!!

何回か行っていますが、オススメです。広くはないですけど、手軽に温泉に浸かれますよ♪

あと、湯田中まで1日で往復される方は、「長電フリー乗車券」をオススメします!

1日券は1,890円です。通常 長野から湯田中駅までは往復で2,320円掛かります。

なので、単純に往復するだけでも430円もお得です!

かつ、長電内は乗り降り自由となりますし、特急券(100円)を買えば、特急も乗ることができますよ!!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました