【タイ国際航空 B777-300】タイ − ニューデリーのビジネスクラスに乗ってみた!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!
Choku’s Roomへお越しくださいましてありがとうございます!
本日は再び飛行機ネタに戻りまして、タイ(スワンナプーム国際空港)−ニューデリー(インディラガンディー国際空港)間で乗ったタイ国際航空のロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)に乗ったレビューをお伝えします。
タイ国際航空のロイヤルシルククラスに関しては、以前、成田−タイ間でのA350-900のビジネスクラスに搭乗したレビューをお伝えしました。
まだご覧になっていない方は↓のリンクから是非ご覧ください。
【タイ国際航空 A350】ロイヤルシルク(ビジネスクラス)乗ってみた!
今回は、B777-300ということで、どれだけ設備が違うのか、見てみました。
【搭乗詳細】✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
 航空会社:タイ国際航空
 搭乗区間:タイ(スワンナプーム国際空港)−インド ニューデリー(インディラガンディー国際空港)
 搭乗機材:B777-300
座席クラス:ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)
 筆者資格:プラチナ
 チケット:特典マイルで取得
✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
今回の旅は、成田−タイ−インドの旅です。A350に乗りたいがために、タイ乗継ぎを選択しました。
本当はANAで成田からインドへの直行便が理想的ですけどね^^;
まぁ、トランジットも中々経験することがなかったのと、タイ国際航空のビジネスクラスを利用すると、タイのスワンナプーム空港でタダでマッサージを受けられるという特典を利用してみたかったので、ちょうどよかったと思っています(いや、思い込んでいます 笑)
スパに関しても以前、少しだけレビューを書いたので↓のリンクを是非ご覧ください。
【タイ国際航空 ロイヤルオーキッドスパラウンジ】利用レビュー!
それではいよいよ搭乗レビューです。
まず、搭乗ゲート付近です。
インド便だけあって、インドの方が大変多くいらっしゃいました。
日本人は少なくともいなさそうです。中国の方もそれなりにいらっしゃった印象でした。
そして、ビジネスクラスなので、優先搭乗で機内に入ると…
ビジネスクラスはこんな↓感じです!
やはりA350-900と比較すると見劣りしますね…そりゃ最新鋭機と比較されたらB777もたまったもんじゃありませんが 笑
(参考)ちなみA350-900のシートはこちら↓
A350-900はスタッガードシートで半個室みたいになりましたが、B777-300は2−3−2のシートでした。
でもさすがビジネクラスだけあって足元は大変広く、これでも十分快適でした。
また、タイ国際航空のビジネスクラスは必ず、アメニティポーチがもらえます。今回、もらったアメニティポーチは写真を撮り忘れたので、申し訳ありませんが、成田−タイでもらったアメニティポーチを参考に載せておきます。
IMG_1695.jpg
ポーチ自体は違いましたけど、中身はほぼ一緒でした。
搭乗すると間も無く、CAさんがウェルカムドリンクを伺いに来てくれます。
今回はシャンパン…ではなく、飲み過ぎていたので、ジュースをもらいました。
前のレビューでも書きましたが、タイ国際航空はちゃんとグラスでドリンクを提供してくれるので、気分が上がりますよね♪
そして、離陸後の機内食について聞かれまして、洋食を選択しました。
他の選択肢としては、タイやインド料理でした。メニューはこちら↓
香辛料が苦手なので、洋食を選択せざるおえなかったのですが、これがまた失敗…
提供された機内食はこちら↓
もう見た目からした、美味しくなさそうですよね–; とは、言ってもビジネスクラスでしょ!と思って食べてみたらやっぱり美味しくない…っていうか不味い。メインは手前に写っている焼き鮭なのですが、その手前にあるビーツから汁が周りに流れ、鮭も紫色に、そして、じゃがいもも紫色に染まっていました。
しかも、味がない!かつ、若干生臭いっていうものでした。
この中で一番美味しいものは真ん中の上に写っている果物だけでしたね。でも、残すのは申し訳ないと思い、全部食べ切ろうと思ったのですが、気持ち悪くなって途中でやめました。(すみません…汗)
隣に座った方はインドの方だったのですが、その方はインド料理を頼んでいました。中身はタンドリーチキンがメインでとても美味しそうでした。
やはり、出発国か到着国の料理を選ぶべきだと改めて反省しました。それ以外の料理はあまり力が入っていない気がしました。
最後はきちんとデザートとコーヒーが出ました♪
これは普通に美味しかったです。
その後は、コーヒーのおかわりをもらいながら、まったりくつろいでいました。
いやーやっぱりビジネスクラスは快適です♪
そんなこんなであっという間にニューデリーへ。
【まとめ】
やはり最新鋭機のA350-900のビジネスクラスと比較すると、やはり劣ります。いや、あっちが快適すぎたんですよね(笑)
とは言っても、さすがビジネスクラスだけあって、B777-300でも十分快適でした。ただ、長距離路線になるとスタッガードシートの方が個室感があって、かなり身体的には休めましたね。
機内のサービスはさすが、タイ国際航空だけあってとてもよかったです。
ただ!食事があまりにも美味しくない…そこが残念です。成田−タイで乗った時はご飯も大変美味しかったので、今回も期待したのですが…
なので、今後、乗られる方は機内食に注意してください(どう注意しろというのかって感じですが…笑)
最後までご覧いただきましてありがとうございました!今後も飛行機レビューもしていきます♪

コメントを残す